サクラが多いサイトは「ポイント課金制」の出会い系サイト!

サクラが多いサイトは「ポイント課金制」の出会い系サイトだ。
出会い系サイトは出会い系サイト規制法が強化されて健全化が進んでいる。
悪質業者/悪徳業者はどんどん駆逐されて少なくなっている。
肉食系女子が中心になって登録しているから場合によってはせフレ関係にある場合がある。
しかし問題はサクラと呼ばれる悪意のある存在だ。
「定額制」の出会い系サイトや「完全無料」の出会い系サイトの場合はサクラの存在意義がないので比較的安心して利用できる。
しかし従量制をとっている「ポイント課金制」の出会い系サイトの場合は9割はサクラサイトである。
サクラを導入して男性とのやりとりを増やすのである。
メールのやりとりだけでもポイントが消費するのでサクラはSEXをしたい男性に近づいてくる。
登録するやいなやアプローチメールが届くようなサイトはすぐに退会手続きをしよう。
間違いなくサクラサイトだからだ。
サクラ担当者も厳しいノルマが課せられているので競争なのだ。
新しい男性が登録したらこぞってアプローチするのだ。
カモを確保したいからに他ならない。
また次のような人物にも注意だ。
・やたら「会いたい!」を連発するような痴女風な女性。
・SEX内容や具体的なプレイを初期段階から露骨に切り出すような女性。
一般女性はそんなはしたないことを言わないものだ。

せフレを探す方法あれこれ

せフレを探す方法あれこれご紹介しよう。
一番お薦めでてごたえがあるのは「出会い系サイト」を利用することで、さらにはせフレ募集の目的に特化した出会い系サイトの進化版ともいえる「せフレ募集サイト」を使うことをお薦めしたい。
SEXをしたくてたまらない男女が集まっているのだ。
目的が完全一致しているので話はトントン拍子になる。
せフレ募集サイトができる以前にも<出会い>とうことに特化したサービスはあった。
1990年代に話題になったのがテレクラだろう。
電話を使った出会いのサービスである。
最近では出会い系サイトやSNSサイトやせフレ募集サイトが一般的になったのでテレクラは下火だ。
自治体によってはテレクラを厳しく規制しているところもある。
出会い系サイトの場合は出会い系サイト規制法によって厳しく管理されている。
一時期はいろいろなトラブルがあったが今は法律によって健全化が進んでいる。
安心して利用できるから口コミでも広がり出会い系サイトは重宝されているのだ。
出会い目的別にいろいろなジャンルに特化してきているのが最近の傾向だ。
「婚活サイト」は結婚を視野にいれた真剣交際をしたい男女が登録している。
「せフレ募集サイト」はSEXを目的にしたせフレ探しをするサイトだ。
「SM専門サイト」や「同性愛者専門出会い系サイト」なんかもあってバラエティー豊かなラインナップになっている。
せフレを探したいならばせフレ目的の男女が集中している「せフレ募集サイト」を利用することが一番可能性がある。
検索エンジンで<出会い>や<せフレ>で検索してもらえれば該当のサイトがリストップされる。

せフレ募集サイトや出会い系サイトでは架空請求にご注意を!

せフレ募集サイトや出会い系サイトでは架空請求に注意してほしい。
警察当局もインタネット犯罪に対する取締を強化している。
一時期は架空請求・ワンクリック詐欺・ツークリック詐欺が大きな社会問題になっていた。
実際には使っていないサービスの利用料が請求されてくるのが<架空請求>だ。
記憶になかっても脅迫的な手口で脅かされてしまい料金を出してしまう人もいるのだ。
社会的立場がある人が狙われやすい。
架空請求の詐欺行為で疑問に感じる点がある。
それは連絡先をどこでゲットしているかとう点だ。
アダルトサイトや出会い系サイトの利用経験がなければ、すぐに詐欺だと思って気にも止めないだろう。
騙し取るターゲットの人物はせフレ募集サイトや出会い系サイトを実際に利用した経験がある人物だ。
悪質業者/悪徳業者に登録してしまう男性会員――こういった人がカモになっているのだろう。
登録した覚えがあるから信じてしまうのだ。
「あのサイトかもしれない……」と思い当たる節があるからだ。
登録してしまったサイトは架空請求をするために個人情報収集するためのダミーサイトのケースもある。
当然だがそんなサイトを使っていても恋人もせフレもできるはずがない。
繋がっているのは詐欺師だけだ。
怪しげなサイトには登録しないことが大切だ。
1箇所でも「おや!」っと感じたり納得できないとか理解できないことがあれば登録してはいけない。
それがあなたを守る安全策だ。
登録しても一切支払いに応じない態度をとろう!
しつこいようなら警察や消費生活センターなど公的機関に相談すればいい。

せフレ募集サイトを利用する場合に注意したいサクラの存在

せフレ募集サイトを利用する場合に注意したいサクラの存在について話をしよう。
出会い系サイトのせフレ募集掲示板やせフレ募集サイトを利用している男性が考えていることは四六時中SEXのことだ。
そんな時に女性ユーザーから声がかかったら舞い上がってしまうに違いない。
まだせフレになってもいないのに妄想が先行してしまう。
しかしながらその女性が本当にせフレ候補になるのかどうかを見極める必要がある。
特に返事のメッセージに露骨な表現がある場合には要注意だ。
相手はサクラの可能性が強いからだ。
特にアダルト系のコミュニティサイトにはこういったサクラが多い。
有料サイトの場合は男性ユーザーをその気にしてポイントをどんどんと使わせようとするのだ。
例えばメール1通開封するのに100円だとしよう。
1通ならば金額がやすいがSEXする打ち合わせで10往復のやり取りをしたら2000円の消費になる。
そして、当日はすっぽかされたりするのだ。
最悪はメールしている相手が男性のネカマであったりする場合も少なくない。
男性の方が男心・スケベ心を知り尽くしているのである。
サクラ被害は実際には凄くあるだろうが金額は比較的少額だから表沙汰になっていない。
せフレ探しをする場合はサクラに充分注意することだ。
口コミ情報サイトや大手の掲示板でサイト名を検索して体験談を調べてみよう。

メル友とせフレの関係性について

メル友とせフレの関係性についてお話をしよう。
<メル友>という言葉は今となっては古くさい死語になっている。
けれどもメル友関係は一定数ある。
メールで会話する友だちだから<メル友>なのである。
携帯電話が出始めた頃は誰しもがピコピコしてばかりで社会現象にもなった。
メル友という言葉が一人歩きしたいたのだろう。
けれども携帯電話やスマートフォンを持っていることが当然の社会になったのでメル友が特別な存在として意識されることはなくなったのだ。
メル友という言葉に怪しさや危険性を感じる人たちはほとんどいないだろう。
仲良くなるプロセスで<メール>というツールを使うにすぎないのだ。
このプロセスをせフレに応用しようという動きが出てきたのは、ここ数年のことだ。
せフレを作るサイトは出会い系サイトが思い浮かぶだろう。
出会い系サイトではいきなり恋人関係や不倫関係の相手になることはない。
まずはメル友からスタートするのだ。
そして相手との信頼関係ができて次の関係に進む。
それは恋人関係かもしれないし結婚相手かもしれないし浮気相手かも知れないしせフレ関係かもしれない。
せフレなのか恋人関係なのかは微妙なところだろう。
お互いの気持ちが好きならばせフレではなくて恋人だろう。
せフレからスタートならばOKしてくれる確率は高い。
メル友はそうなのだがせフレともなるとSEXを目的としている男女関係だ。
最近の傾向だが婚姻関係や恋愛関係にかかわらずSEX希望の人が多い。
だから出会い系サイトやせフレに特化したせフレ募集サイトのニーズが高まっている。
目的がひとつであるせフレ募集サイトの場合は特にマッチングしやすくなる。
しかしながらスタートはメル友関係で相手の様子を見極めるのは同じだ。

悪徳業者と見なそう!

「同時登録」という文言があれば悪質業者/悪徳業者と見なそう!
出会い系サイトで注意しなければならないキーワードが<同時登録>である。
「完全無料」の出会い系サイトで頻繁に利用する手口だ。
同時登録については出会い系サイト規制法で規制されている。
キチンと告知するように義務化されている。
だからあまり目がつかないページにこっそりと小さいフォントで記載されていることがほとんど。
だから合法なやり方であるがやり方は悪質である。
そんなこを知らない男性ユーザーは女性からのメールが届いたと思って舞い上がる。
そのメールが同時登録された「有料」出会い系サイトのものと知らずに利用してしまうのだ。
そして後日料金の請求が届くというパターンだ。
タチが悪いのがその女性もサクラであるということだ。
男性が女性を口説くにはポイントを利用してやりとりをしなければならない。
男性は焦ってポイントを購入してしまう。
気がついたときは支払いをした後なのだ。
「完全無料」の出会い系サイトに登録をしてすぐに女性から届くようなサイトはすぐに退会手続きをしよう。
とんでもないトラブルに巻き込まれる前に自己防衛することだ。
出会い系サイトを楽しく利用するには信頼できるサイトを選ぶことが一番大切である。
サブコンテンツ

このページの先頭へ